flagflag
アーティスト情報
メイン・メニュー
期間限定コンテンツ
ダウンロード
ショップ
サイト内検索

P-MODEL (ピー・モデル)

[PA-01] IN A MODEL ROOM

 



[プロフィール]

プログレッシヴ・ロック・バンド“マンドレイク”を母体に1979年に結成。
同年、シングル「美術館で会った人だろ」とアルバム『イン・ア・モデル・ルーム』でデビュー。
“テクノ・ポップ”ブームの牽引役として一躍時代の寵児となる。
3rdアルバム『ポプリ』(81年)以降は音楽スタイルもメンバーも1作ごとに変化。
ポップ・ミュージックであることを前提にしつつも、常に革新的な音楽実験を繰り返してきた。
結成20周年にあたる1999年にはメジャー・レーベルを離れて「音楽産業廃棄物~ P-MODEL OR DIE」と銘うったプロジェクトを展開。
プロ・ミュージシャンとしては初となるインターネット上での有料音楽配信を開始するなど、新たな作品配給の在り方を提示して音楽業界に衝撃を与える。
2000年からは、1988年の“凍結”、1993年の“改訂”に続く3度目の活動休止である“培養”期間に入った。
これまでの参加メンバーは全16人(うち1人はCG)で、12枚のオリジナル・アルバムのほか多数の作品を残している。

ページのトップへ


[主な作品]

オリジナル・アルバム

  • イン・ア・モデル・ルーム (1979)
  • ランドセル (1980)
  • ポプリ (1981)
  • パースペクティヴ (1982)
  • アナザー・ゲーム (1984)
  • カルカドル (1985)
  • ワン・パターン (1986)
  • P-MODEL (1992)
  • big body (1993)
  • 舟 (1995)
  • 電子悲劇/~ENOLA (1997)
  • 音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE 1999)

ライヴ/ベスト/企画盤

  • パースペクティヴ II (1982)
  • 不許可曲集 vol.1 (1983)
  • スキューバ (1984)
  • ポーズ P-MODEL LIVE 19931011 (1994)
  • LIVEの方法 (1994)
  • コレクティブ・エラーズ Remix of 舟 (1995)
  • スキューバ リサイクル (1995)
  • ヴァーチュアル・ライブ-1 (1999)
  • ヴァーチュアル・ライブ-2 (1999)
  • ヴァーチュアル・ライブ-3 (1999)
  • P-PLANT CD Vol.1 (2000)
  • 太陽系亞種音 (2002)

映像作品

  • 三界の人体地図 (1988)
  • ビットマップ 1979-1992 (1992)
  • エンディング・エラー (1996)
  • LIVE VIDEO [音楽産業廃棄物−P-MODEL OR DIE] (2000)

ページのトップへ


[P-MODEL 略年譜]

1979   

プログレッシヴ・ロック・バンド“マンドレイク”を母体にP-MODEL結成。
メンバーは平沢進(Vo&G&Syn)・田中靖美(Org&Syn)・田井中貞利(Dr)・秋山勝彦(B&Syn)の4人。
デビュー・シングル「美術館で会った人だろ」と1stアルバム『イン・ア・モデル・ルーム』リリース。
アンダーグラウンドなパンク/ニュー・ウェイヴ系のイベントに積極的に参加する一方で、XTCやヴァン・ヘイレンのフロント・アクトを務める。
2ndシングル「KAMEARI POP」リリース。

1980

ヒカシュー、プラスチックスとともに“テクノ・ポップ御三家”と呼ばれるようになり、TV番組へも数多く出演。
2ndアルバム『ランドセル』と3rdシングル「ミサイル」リリース。
秋山勝彦が脱退し、後任ベーシストとして菊池達也が加入。

1981

3rdアルバム『ポプリ』と4thシングル「ジャングルベッドII」リリース、テクノ・ポップからの脱却を図る。
トム・ロビンソンwithコスメティックスのフロント・アクト。

1982

4thアルバム『パースペクティヴ』とカセット『パーステクティヴII』リリース。
“突拍子のためのLesson.1”と題したコンサートで平沢進は自作のサンプリング・マシン“ヘヴナイザー”を使用。
ジャムの来日公演のフロント・アクト。

1983

田中靖美が脱退し、後任のキーボード・プレイヤーとして三浦俊一が加入。
予定されていた5thアルバム『アナザー・ゲーム』が歌詞の問題でリリース延期になるも“ANOTHER GAME TOUR”で全国23カ所で公演。

1984   

5thアルバム『アナザー・ゲーム』リリース。
P-MODEL ANOTHER ACT”と題したソロ・プロジェクトがスタートし、平沢進はユニット“”による「I-Location」リリース。
菊池達也が脱退し、4-Dに在籍していた横川理彦がベース&バイオリンとして加入。
カセット・ブック『スキューバ』リリース。
田井中貞利が脱退し、後任ドラマーとして元アレルギーの荒木康弘が加入。

1985

6thアルバム『カルカドル』リリース、全国ツアーがスタート。
三浦俊一と横川理彦が脱退し、中野照夫がベーシストとして、高橋芳一がシステムズ(キーボード・プレイヤー)として加入。

1986   

7thアルバム『ワン・パターン』リリース、全国ツアーがスタート。
水道橋アール・エヌ・ホールでコンサート“ゼブラの日”開催。

1987

幻の8thアルバム『モンスター』の制作準備に入るが、さまざまなトラブルやアクシデントのために正式なレコーディングはされなかった。
中野文化ホールでコンサート“進化の軌跡 ガラパゴス島の待ち伏せ男”開催。
荒木康弘が脱退し、後任ドラマーとして田井中貞利“PART2”が再加入。
有楽町・よみうりホールでコンサート“シュート・ザ・モンスター”開催。
横浜教育会館にてでコンサート“グレーテルの一撃?”開催。
高橋芳一が脱退し、ことぶき光が後任のキーボード・プレイヤーとして加入。

1988

“第27回 FUJI AV LIVE”のとしてインク・スティック芝浦ファクトリィでコンサート。
ライブ・ビデオ『三界の人体地図』リリース。
渋谷クラブ・クアトロのライヴを最後にP-MODELはコールド・スリープ(活動休止)に入る。

1989

平沢進の1stソロ・アルバム『時空の水』がリリース。

1990

平沢進プロデュースによるイベント“エラー・フォース”でP-MODELが1回限りの再結成。
有頂天のケラ(Vo)・平沢進(Vo&G)・秋山勝彦(B)・ことぶき光(Key)・田井中貞利(Dr)・荒木康弘(Dr)が参加。

1991

平沢進プロデュースのイベント“エラー・オブ・ユニヴァース”で、P-MODELが本格的に活動再開する。
“解凍”P-MODELのメンバーは、平沢進(Vo&G)・秋山勝彦(Syn&Vo)・ことぶき光(Syn&Vo)・藤井ヤスチカ(Dr)の4人。

1992

8thアルバム『P-MODEL』リリース、東名阪でコンサート。
ヒストリー・ビデオ『ビットマップ 1979-1992』リリース。
日比谷野外音楽堂にて、イベント“プラネット・エラー”開催。

1993

9thアルバム『big body』リリース、東名阪をツアー。
P-MODELのコピー・バンド・コンテスト“Errors of P-MANIA!”開催。
日比谷野外音堂のイベント“エラー・オブ・インフォメイション”を最後にP-MODELは“改訂”のための“待機”(活動休止)状態に。

1994

平沢進が“DIW/SYUN”レーベルを設立し、P-MODELのライブ・アルバム『PAUSE』などをリリース。
凍結前P-MODELのナンバーをアレンジしたアルバム『LIVEの方法』がDIW/SYUNよりリリース。
P-MODELの“改訂”が完了し、活動再開。
新メンバーは、平沢進・上領亘(Dr)・福間創(System-1)・小西健司(System-2)の4人。

1995

日比谷野外音楽堂でコンサート“エンディング・エラー”が開催。
アルバム『コレクティヴ・エラーズ リミックス・オブ・舟』がDIW/SYUNよりリリース。
アルバム『スキューバ リサイクル』がDIW/SYUNよりリリース。
パソコン通信ピープルに“<PRE>HIRASAWA CYBER BYPASS”開設 。
10thアルバム『舟』リリース。
インターネットにオフィシャル・ホーム・ページ開設。

1996

ツアー“電子舟訪日行脚”スタートし、ライブの模様はインターネットおよびパソコン通信で毎日レポートされた。
平沢進+小西健司によるユニット“不幸のプロジェクト”のアルバム『不幸はいかが?』と、平沢が参加したPEVOのアルバム『PEVO』がDIW/SYUNよりリリース。
日比谷野外音楽堂でコンサート“Branch O”開催。
CD-Extra仕様のEP「Rocket Shoot」と上領亘の1stソロ・アルバム『鴉』がTESLAKITEレーベルよりリリース。

1997

P-MODELの前身マンドレイクのアルバム『アンリリースト・マテリアルズ Vol.1』『アンリリースト・マテリアルズ Vol.2』リリース。
上領亘が脱退し“ヴァーチュアル・ドラマー”のTAINACOが加入。
パソコン通信PC-VANに“C-GREEN NERVE”開設。
CD-Extra仕様のEP『ASHURA CLOCK』リリース。
CD-Extra+インターネットによるイベント“レイヤー・グリーンの危機~議定書(プロトコル)を探せ”スタート。
CD-Extra仕様のEP『LAYER-GREEN』リリース。
CD-Extra仕様の11thアルバム『電子悲劇/~ENOLA』リリース。
バンコクのイベントで演奏。

1998   

ツアー“LIVE 電子悲劇”で全国公演。

1999

P-MODEL結成20周年記念プロジェクト“音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE”がスタート。
メージャー・レーベルを離れ、音楽配信サイト“P-Plant”をオープンし、プロのミュージシャンとしては初めてインターネット上で商用音楽配信をスタート。
アルバム『ヴァーチュアル・ライブ-1』がMP3でリリース。
12thアルバム『音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE』がMP3でリリース。
ツアー“音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE”で全国公演。
アルバム『ヴァーチュアル・ライブ-2』『ヴァーチュアル・ライブ-3』がMP3でリリース。
P-MODELデビュー20周年&平沢進デビュー10周年記念本『音楽産業廃棄物』が刊行。

2000

ネット・イベント“グローバル・トリビュート大作戦”がスタート。
ライブ・ビデオ『音楽産業廃棄物−P-MODEL OR DIE』がリリース。
WIRELSSレーベルの“バルクCD”第1弾として『P-PLANT CD Vol.1』がリリース。
P-MODELは「培養」(活動休止)期間に入る。

2002

P-MODELのほぼ全音源を網羅した16枚組バインダー・セット『太陽系亞種音』リリース。

2003

イン・ア・モデル・ルーム』『ランドセル』『ポプリ』がデジタル・リマスタリング&紙ジャケットのCDで再リリース。

2004

P-MODEL』『big body』をカップリングした『GOLDEN☆BEST P-MODEL』がリリース。
平沢進の新プロジェクト“核P-MODEL”の1stアルバム『ビストロン』がリリース、コンサートを開催。

ページのトップへ

プリンタ用画面
友達に伝える