flagflag
アーティスト情報
メイン・メニュー
期間限定コンテンツ
ダウンロード
ショップ
サイト内検索

平沢進
Vocal, Synthesizers, Guiter and others

hirasawa_A



[プロフィール]

東京都出身。
1979年にP-MODELのメンバーとしてデビュー。テクノ・ポップ/ニュー・ウェイヴ・ムーヴメントの中心的な存在となる。
89年にはソロ・アルバム『時空の水』をリリースし、P-MODELと並行してソロ活動を開始(現在、P-MODELは活動休止中)。
ソロ作品では、より歌に重心を置いた無国籍風サウンドで「過去(神話/民俗的世界)」 と「未来(SF/コンピューター的世界)」が「現在」に出会ったかのような、 独自の音楽世界を確立した。 
94年より自ら考案した「インタラクティブ・ライブ」を開催、99年にはインターネットによる音楽配信を開始するなど、常に時代に先駆けた姿勢で音楽活動を行い、音楽業界内外のさまざまなアーティストたちへ影響を与え続けている。
2002年の(財)デジタルコンテンツ協会主催「デジタルコンテンツグランプリ」では、2000年に開催された“ インタラクティブ・ライブ・ショウ2000「賢者のプロペラ」”が<作品表彰の部>の最高賞である「経済産業大臣賞」と「エンターテイメント部門最優秀賞」を受賞。
また、ゲーム・ソフトやアニメーションのサウンド・トラックも多数手がけ、アニメーション映画『パプリカ』の主題歌「白虎野の娘」はアカデミー賞歌曲賞部門のノミネート候補となった。
2008年には、自らタイランドで撮り下ろした写真を収録した初のフォト+エッセイ集『SP-2』を刊行。

ページのトップへ


[主な作品]

オリジナル・アルバム

  • 時空の水 (1989)
  • サイエンスの幽霊 (1990)
  • ヴァーチュアル・ラビット (1991)
  • オーロラ (1994)
  • Sim City (1995)
  • SIREN セイレーン (1996)
  • 救済の技法 (1998)
  • 賢者のプロペラ (2000)
  • BLUE LIMBO (2003)
  • 白虎野 (2006)
  • 点呼する惑星 (2009)

サウンド・トラック

  • デトネイター・オーガン (1991)
  • グローリー戦記 (1993)
  • カムイ・ミンタラ 嶋田忠・森のメッセージ [北海道・阿寒] (1993)
  • 剣風伝奇ベルセルク (1997)
  • ロストレジェンド (1999)
  • ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章 (1999)
  • 千年女優 (2002)
  • 妄想代理人 (2004)
  • パプリカ (2006)
  • 映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界 (2007)

ライヴ/ベスト/企画盤

  • error CD (1990)
  • 魂のふる里 ESSENCE OF HIRASAWA SOLO WORKS (1992)
  • SOLAR RAY - Hirasawa Best Recycling Album (2001)
  • SWITCHED-ON LOTUS (2004)
  • ICE-9 (2005)
  • PHONON2550 LIVE (2008)

映像作品

  • error (1990)
  • 架空のソプラノ INTERACTIVE LIVE SHOW SIREN (1997)
  • 賢者のプロペラ Version1.4 INTERACTIVE LIVE SHOW 2000 (2001)
  • LIVE SOLAR RAY Hirasawa Energy Works Solar Live (2002)
  • Interactive Live Show 2003 LIMBO-54 (2003)
  • 反射の集いは氷の9 (2006)
  • Interactive Live Show 2006「LIVE 白虎野」 (2007)
  • P-0 (2008)
  • PHONON 2550 VISION (2008)

プロデュース/楽曲提供

  • バッハ・リヴォリューション/No Warning (1979)
  • シャンプー/Tonight (1982)
  • 遠藤ミチロウ/ベトナム伝説(1984)
  • 五十嵐久勝/パズル (1984)
  • ザ・ルーズ/STOP FUCKIN' AROUND! (1985)
  • 戸川純/昭和享年 (1989)
  • ヤプーズ/ダイヤルYを廻せ! (1991)
  • 横川理彦/TWO OF US (1990)
  • 梅津和時/キネマ (1990)
  • 島崎和歌子/アフリカのクリスマス (1990)
  • ヒア・イズ・エデン/夜になっても遊びつづけろ(1991)
  • TAKA/TAKA (1994)
  • PEVO/PEVO (1996)
  • 上領亘/鴉 (1996)
  • 上野洋子/e-mix (1996)
  • 宮村優子/魂 (1998)
  • ゆいこ/陸の人よ(2003)
  • NHKおかあさんといっしょ/地球ネコ (2003)



ページのトップへ


[平沢進 略年譜]

1973

プログレッシヴ・ロック・バンド“マンドレイク”結成。

1978

マンドレイク解散。


1979	

マンドレイクを改組する形でP-MODEL結成。
シングル「美術館で会った人だろ」でデビュー。


1984

サンプリングの先駆となる実験的なユニット“”結成。

1988

P-MODEL凍結(活動休止)。

1989    

プライベートCGレーベル“フォトン”設立。
オムニバス・アルバム『アンファンII』にアトランティックスのカヴァー「トゥーリスタ」を提供。
1stソロ・アルバム『時空の水』リリース。
コンサート・ツアーで博多、広島、大阪、名古屋、東京を回る。
戸川純のミニ・アルバム『昭和享年』収録曲の半分を編曲&プロデュース。

1990    

戸川純の“昭和享年ツアー”スに参加。
CGレーベル“フォトン”のライブ・イベント開催。
2ndソロ・アルバム『サイエンスの幽霊』とシングル「世界タービン」リリース、東名阪でコンサート。
ライブ・ビデオ『error』リリース。
日比谷野外音楽堂で平沢進プロデュースのイベェント“エラー・フォース”開催。
ライブ・アルバム『error CD』リリース。

1991    

3rdソロ・アルバム『ヴァーチュアル・ラビット』リリース、東名阪でコンサート。
シングル「バンディリア旅行団」リリース。
ヤプーズのツアーにギタリストとして参加。
オリジナルビデオアニメ『デトネイターオーガン』のサウンドトラックを手がける。
平沢進プロデュースのイベント“エラー・オブ・ユニヴァース”でP-MODELを解凍(活動再開)。
ソフト・バレエのライブにゲスト出演。

1992    

サントリー“サントリーオールド お帰りなさい篇”のCFソング「魂のふる里」がリリース。
ドキュメンタリー番組『カムイ・ミンタラ』の音楽をプロデュース。
ベスト・アルバム『魂のふる里』リリース。
映像とサウンドをすべてコンピュータでコントロールした完全ソロ・コンサート“Hi-Res”開催。
平沢進プロデュースのイベント“プラネット・エラー”が日比谷野外音楽堂で開催。

1993    

イメージ・アルバム『グローリー戦記』リリース。
P-MODELが再び活動休止(待機)。

1994    

4thソロ・アルバム『オーロラ』リリース、初のインタラクティブ・ライブ(オーロラ・ツアー)がスタート。
平沢が主宰するインディペンデント・レーベル“DIW/SYUN”を設立、平沢進のユニット“旬”のアルバム『ランドスケープス』などをリリース。
インタラクティブ・ライブ第2弾“TOKYOパラネシアン”開催。
平沢進がパーソナリティを務めるラジオ番組『テクノ実験工房』がスタート。
平沢進プロデュースのイベント“エラー・エンジン/平沢三幕三時間”が日比谷野外音楽堂で開催。
第1回万国点検隊“トビラ島大追跡旅行団”がプーケットで開催。
女子美術短期大学にて“平沢進講演会”が開催。
“改訂”を終えたP-MODELが活動再開。

1995    

5thソロ・アルバム『Sim City』がリリース。
福岡・大阪・東京で“インタラクティヴ・ライヴ・ショウ~シム・シティ・ツアー”が開催し、タイからのゲスト Miss N も参加。
第2回万国点検隊“WIWAT TARASANGOP 仮想救出移動団”をバンコクで開催。
平沢進の私設ホーム・ページ“Ghost Web”開設。
パソコン通信ピープルに“<PRE>HIRASAWA CYBER BYPASS”開設 。
インターネットにオフィシャル・サイト開設。

1996    

“旬”のアルバム『計算上のKun Mae』がリリース。
TESLAKITEレーベル第1弾として6thソロ・アルバム『SIREN*セイレーン*』とシングル「サイレン*Siren*」が同時リリース。
タイからのゲストにMiss NとMiss Aehを迎えた“INTERACTIVE LIVE SHOW Vol.5 SIREN 架空のソプラノ”開催。
第3回万国点検隊“偽装巡礼ソプラノ煩悩団”がクアラルンプールで開催。
パソコン通信ピープルに“HIRASAWA CYBER BYPASS”開設 。

1997

インタラクティブ・ライブのビデオ『架空のソプラノ』がリリース。
P-MODELの前身バンド、マンドレイクの『Unreleased Material-1』がリリース。
パソコン通信PC-VANに“C-GREEN NERVE”開設。
第4回万国点検隊“非局所性緑色免疫団”がバリ島で開催。
TVアニメ『剣風伝奇ベルセルク』の劇中歌「BERSERK~Forces~」とサウンドトラック『ベルセルク』がリリース。

1998    

宮村優子のシングル「MOTHER」を作編曲・プロデュース、
7thソロ・アルバム『救済の技法』リリース、第6回インタラクティフブ・ライブ“WORLD CELL”が東京・大阪で開催。
第5回万国点検隊“世界細胞組合合唱鉄橋団”がバンコクで開催。
ニフティサーブのAMIGAフォーラムにて「x占拠x : 平沢進の“来なかった近未来”」連載開始。

1999    
CHAOS UNION HOME PAGE 開設。
志摩スペイン村パルケエスパーニャの新アトラクション“ロストレジェンド”の音楽をプロデュース。
平沢進、小西健司と、ジャーマン・アンビエント・シーンの重鎮グループ、クラスターの一員、 レデリウスとのユニット Grobal Trotters としてアルバム『Drive』リリース。
ノン・インタラクティブ・ライブ“LIVE PHONON 渡橋する声軍”が東京・大阪で開催。
P-MODEL結成20周年記念プロジェクト“音楽産業廃棄物~P-MODEL OR DIE”スタート。
メジャー・レーベルを離れ、プロのミュージシャンとしては初のインターネットでの音楽配信を開始。
三浦建太郎&平沢進共同プロデュースのオリジナル・ゲーム・サウンド・トラックCD『ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章』がリリース。
P-MODELデビュー20周年&平沢進デビュー10周年記念本『音楽産業廃棄物』刊行。

2000

ファン・クラブ・ツアー“万国点検隊 並行郷錬金術大プロペラ団”がミャンマー(ビルマ)のバガンで開催。
プレイステーションソフト「ラグナキュール・レジェンド」のテーマソング「星を知る者」を手掛ける。
メジャーを離脱して初の8thソロ・アルバム『賢者のプロペラ』がケイオスユニオン(TESLAKITE)よりリリース。
“INTERACTIVE LIVE SHOW 2000 賢者のプロペラ”が大阪・東京で開催。
P-MODELが活動を休止して「培養」期間に入る。

2001

ケイオスユニオンのサイトに「CYBER GREEN NERVE NURSE CAFE 2001」オープン。
ライブDVD『賢者のプロペラ Version1.4 INTERACTIVE LIVE SHOW 2000』リリース。
太陽光など自然エネルギーのみで音楽制作を行うという“Hirasawa Energy Works”と銘打ったプロジェクトを始動。
“ソーラー・スタジオ”でレコーディングされた第1弾作品『SOLAR RAY』リリース。
史上初の自然エネルギーのみで行うコンサート“LIVE SOLAR RAY”をつくば市・科学万博記念公園モニュメント広場で開催。

2002

平沢進が音楽を担当したアニメーション映画『千年女優』(今敏監督)が「第5回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門」で大賞受賞。
(財)デジタルコンテンツ協会主催「デジタルコンテンツグランプリ」で“インタラクティブ・ライブ・ショウ2000「賢者のプロペラ」”が<作品表彰の部>の最高賞である「経済産業大臣賞」と「エンターテイメント部門最優秀賞」を受賞。
P-MODELのほぼ全音源を網羅した16枚組バインダー・セット『太陽系亞種音』リリース。
ライブDVD『LIVE SOLAR RAY Hirasawa Energy Works Solar Live』リリース。
アルバム・リリースに先駆け新曲「RIDE THE BLUE LIMBO」をインターネットで配信。

2003
9thソロ・アルバム『BLUE LIMBO』リリース。
殺戮への抗議配信」として「高貴な城」「Love Song (2003年バージョン)」の2曲をインターネットで配信。
“Interactive Live Show 2003 LIMBO-54”が大阪・東京で開催。
NHK教育「おかあさんといっしょ」に「地球ネコ」を提供。
ライブDVD『INTERACTIVE LIVE SHOW 2003 LIMBO-54』リリース。

2004

平沢の音楽活動に多大な影響を与えたタイのサーオプラペーッソーン(第2の女性/性同一性障害者)達への追悼アルバム『SWITCHED-ON LOTUS』リリース。
TVアニメーション『妄想代理人』のサウンドトラックを手がける。
ダウンロード型の有料動画配信サービス「亜種音TV」スタート。
核P-MODEL”名義でアルバム『ビストロン』をリリースし、コンサートを開催。

2005

核P-MODELのライブDVD『LIVE VISTORON』リリース。
CD-ROM付き書籍『改訂復刻版 音楽産業廃棄物』が刊行。
ミニ・ギター・アルバム『ICE-9』リリース、ギターのみのコンサートを開催。

2006

10thアルバム『白虎野』リリース、INTERACTIVE LIVE SHOW 2006“LIVE 白虎野”が大阪・東京で開催。
LIVE & TALK EVENT DVD『反射の集いは氷の9』リリース。
オリジナル・サウンド・トラック『パプリカ』リリース。

2007

ノン・インタラクティブ・ライブ“PHONON2550”が東京で開催。
コンピレーション・アルバム『映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界』リリース。
ファン・クラブ・ツアー“万国点検隊 P-0”がプーケットで開催。
ライヴDVD『Interactive Live Show 2006「LIVE 白虎野」』リリース。


2008

ライヴ・アルバム『PHONON2550 LIVE』リリース。
イタリアのゴシック・メタル・バンド InhVmaN のヴォーカル Riccardo Brett と平沢進のユニットによる3曲入りシングル「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」リリース。
2007年の万国点検隊を再構成したDVD『P-0(ピー・スーン)』リリース。
ライヴ「PHONON 2551」が東京キネマ倶楽部 (鶯谷)で開催。

2009

11thオリジナル・ソロ・アルバム『点呼する惑星』がリリース。
INTERACTIVE LIVE SHOW 2009 「点呼する惑星」が江戸川区総合文化センター 大ホール(新小岩)で開催。タイからのゲスト、A-sai, Fiat, Rang が出演。

ページのトップへ


プリンタ用画面
友達に伝える